チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

580円で買ったワークマンのクッショングローブをサイクルグローブとして使ったら割と使えた話。



広告


 

 

ロードバイクを買ってから約一ヶ月、サイクルグローブ代わりに使っている軍手だとちょっと道路からの衝撃に弱いかなぁ、と思い始めてました。

ただ、9月になったのですぐ寒くなりそうだったし今年は軍手で済ませて来年暖かくなったら新しいサイクルグローブを買おう、と考えてました。

 

で、たまたまワークマンに寄ったら面白いグローブを発見。

クッショングローブという手のひらの部分にクッションが入っていて衝撃を和らげてくれる、まさにサイクルグローブのような商品。

しかも値段が580円。

まあ、ブログのネタにもなるか、と買ってみました。

 



手のひらのクッションはこんな感じです。

 

で、実際に手に付けてみると問題発覚。

指先に裁縫の糸があたって気持ち悪い。

ちょっと付けたくないなぁという感じで気になりました。

 

一応、裏返しにしてみます。

ちょっとわかりにくいですが作りが雑な感じがします。

まあ、580円なので文句は言えません。

 

 

手に平部分を裏返しにしてみた所。

 

手にはめて使うと指先が気になるので、そのまま捨てようかと考えましたがもったいないので指先部分を切り落として使ってみました。

こんな感じです。

普通のハサミで切っただけなので切れ目はボロボロです。

 

この指先を落としたワークマンのクッショングローブでサイクリングに行ってみると普通に使えます。

今までいくつかサイクルグローブを使ってきましたが、たしかに使用感は落ちますが不満に感じるほどでは有りません。

値段を考えると上々です。

 

9月の初旬に買って現在は11月ですが今年は温かいせいか、昼間から夕方限定で今でも使えてます。

うーん、来年もワークマンのクッショングローブでいけそうな予感がする。

 

 

Amazonで人気のサイクルグローブはこちらから。