チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    RawTherapeeが日本語化できなかった理由がわかった。

     

     

    無料でRAW現像できるソフトで超有名なRawTherapee。

    昔から名前も知っていたし、インストールしちょっと触ってみたこともあったがつかった事は殆ど無い。

     

    理由は、RawTherapeeが日本語化できなかったからだ。

    当然、設定から言語をJapaneseにして、再起動している。

    それでも日本語化できない。

    古いRawTherapeeのカスが残っているのか?と思い、CドライブでRawTherapeeを検索して削除もした(古いRawTherapee4.2?ぐらいのが残っていた)。

    これでできたか、と新しいRawTherapee5.3をインストールするし、設定画面から日本語を選択し再起動するもやはりRawTherapeeは英語の状態。

     

    で、今日、初めてRawTherapeeの日本語化に成功。

    その方法とは、

     

    RawTherapeeをCドライブにインストールする。

     

    普通の人には当たり前かもしれませんが、自分のようにちょいパソコンに詳しい人間だとソフトをCドライブにインストールすることは少ないです。

    理由は、Cドライブにソフトをインストールすると、パソコンに不具合が起きてOSをクリーンインストールする時、Cドライブにインストールしたソフトが全て消えてしまい、OSのインストール後に又、ソフトを全てインストールしなおさないといけないから。

     

    一つや二つのソフトなら簡単で手間も惜しみませんが、これが20や30になると話は別。

    ソフトの再インストールだけで1日潰れます。

    なので、ソフトはDドライブ(Cドライブとは物理的に別なハードディスクを使用します)にインストールする。

    これで、もしパソコンに不具合が起きてOSを再インストールすることになっても手間は最小限で済みます。

     

    この習慣が今回は裏目にでました。

    だれかRawTherapeeの開発者にCドライブ以外のハードディスクにインストールしても日本語化できるようにしてと言ってくれないかな?(自分は英語できないので無理です。)

     

    ただ、今時Cドライブ以外にインストールしないと日本語化できないソフトなんてあるんでしょうかね?

    もしかして自分だけの現象で、他の人はCドライブ以外にインストールしても日本語化できているのかも・・・・。

     

     

     自分は基本、RAWで撮影をしません。

    理由はRAW画像の編集が面倒だから。

    Lightroomとかも知っていますし、お試しで使ったこともありますが、どうにもカタログとかのファイル管理に馴染めなかった。

    ただ、RAW画層を編集したいだけなのにヤることが多すぎる。

     

    ただ、重要なイベントの時にはRAWで撮影することもあります。

    その時はCanonのDPP4を使ってました。

    一眼レフカメラはCanonなので、大事なイベントはCanonで撮影。

    DPP4はとても優秀な現像ソフトなので、本当に良い。

    他のメーカーのカメラに付いてくるRAW画像編集ソフトは糞ばかりなので、この点はCanonを見習ってください。