チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    腹筋運動をするようになったら腰痛の痛みが無くなってきた。反り腰は腹筋を鍛えると腰の痛みが減る。



    広告




     

     2ヶ月ほど前から、夜寝ていると腰が痛くなって夜中に起きることが多くなった。

    別に腰を無理して使うようなことはしていないので、一時的なものだろう、と判断して放っておいたが、夜中の腰の痛みは一向に良くならない。

     

    おかしい、と思ってGoogleで調べてみた。

     

    で、長い時間、仰向けになった状態で腰が痛くなるのは「反り腰」という種類の腰痛らしい。

    そういえば、仰向けに寝ると腰の痛みが出てくるが普通に歩いているときや椅子に長時間座っている時などは腰の痛みは全く出ない。

    仰向けに寝ると腰が痛くなるので、横向きに寝ている時も腰が痛くならない。

    反り腰は腹筋が弱い人がなりやすい症状、との事。

     

    これは反り腰の症状だろう、という事で腹筋を開始。

    腹筋は腰に悪い、と思い込んでいたので腰を痛めてからは、できるだけ腹筋をしないようにしていた。

    それが間違いだったようだ。

     

    でも、やっぱり普通の腹筋(シットアップ)は腰に悪そうなので、腰に優しい腹筋の鍛え方を探す。

    腰に優しい腹筋運動はクランチとプランクを選択。

    クランチとシットアップは全然違うので注意。

     

     クランチのやり方。

     

     プランクのやり方。

     

     

    クランチは昔良くやっていたので、特に新しい発見は無かったが、プランクの方は初めてなので結構辛いのがびっくり。

    プランクは全然激しい運動ではないんですが、長時間(10秒ぐらい(笑))姿勢を維持するのが辛い。

    最初は10秒でも辛くて、今は20秒ぐらいならできうようになった。

     

    腹筋の筋トレと他の筋トレの違いは、腹筋は回復がはやいので毎日やっていい。

    というか毎日やんないと効果が出にくいらしい。

    毎日やらないとなるとサボれないので結構続けられます。

    腹筋運動自体、それ程キツイ運動ではないでしね(シットアップはキツイの続けられない)

     

    で、腹筋を鍛え始めて3週間ほどですが、反り腰による腰の痛みは大分軽くなってきました。

    仰向けに寝て、腰の痛みで夜中に起こされる事は、現在なくなっています。