読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    カメラを入れたAmazonベーシックのカメラリュックを背負って12kmのウォーキングをしてみた感想。



    このサイトはAmazonや楽天の広告を使用しています

    広告




    随分前に、Amazonベーシック カメラリュック 21.1L をタイムセールで買ったまま、開封もせずにダンボールの中に入ったままでしたが、ついに今日、ダンボールから出して使ってみました。

     

    記事タイトル通り、Amazonベーシックのカメラリュックを背負って歩いた距離は約12km。

    歩く前までは、やっぱりカメラを入れたカメラリュックを背負っての12kmはキツイかな?と思っていましたが、実際に歩いてみたら大変では無かったですね。

    まあ、カメラ自体EOS Kiss X7iとレンズ3本(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM、EF50mm F1.8 Ⅱ型)なのでフルサイズカメラに比べるとかなり軽い、はずです。

     

    一応、重さも書いておきます。

     


    EOS Kiss X7i 約525g
    EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 480g
    EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM  375g
    EF50mm F1.8 II 130g
    ULTRA STICK V60 307g
    Amazonベーシック カメラリュック21L  870g

     

    合計で2687g(約2.7kg)。

    意外に重いですね。

     

     

    で、まずAmazonベーシックのカメラリュックの紹介。

    Amazonから届いた時はダンボールが大きかったので、あー失敗したかも、と思いましたが、実はダンボールの中に小さなダンボールが入っていた、というオチ。

    その小さなダンボールから出した、Amazonベーシックのカメラリュックは・・・小さい。

    かなり小さく感じました。

    このカメラリュックの詳しいレビューはいくらでも有るので割愛します。

     

    画像。

     

     

    中を開けてみると。

    中身は、EOS Kiss X7iにEF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを付けて、横の大きなレンズはEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM、と小さなレンズはEF50mm F1.8。

    EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMにレンズフードを付けているせいもありますが、意外にカメラリュックが小さく感じます。

    カメラリュックの上側は、おむすび型になっているので、カメラをきっちり入れることはできません。

     

     

    前側のポケット?にはベルボンの一脚 、ULTRA STICK V60  がぎりぎり入ります。

    この一脚は一番短くした状態で316mm、一番伸ばした状態で1550mmで耐荷重3kgというかなり小さな一脚。

    これに小さな雲台を付けて、ギリギリで前ポケットに入れることができる。

    値段は高くなるけど、もう少し小さくなる一脚は、 ULTRA STICK SUPER 8という商品がある。

    こちらは、一番短くした状態で260mm、一番長くした状態で1560mm、耐荷重3kgなのでお金に余裕があってコンパクトな一脚が欲しい人は ULTRA STICK SUPER 8がオススメ。

     

     

    カメラリュックのジッパー部分が、オレンジ色のAmazonロゴではなくホワイトのAmazonロゴのジッパーになっています。

    よく見るレビュー記事とかではオレンジ色でしたが、いつごろ変わったんでしょうか?

     

     

    追記。

    オレンジ色からホワイトに変わったジッパー部分をわかりやすく写真を撮ってみました。

    よく見るとジッパー部分にほつれが有りますね。

    写真で見て気がついてAmazonベーシックのカメラリュックを確認してみたら、少しほつれていました。

    不良品でしょうが、面倒なのでAmazonには連絡しません。

     

     

     

     

     

    で、12km歩いた記録(使ったアプリは、Runtastic)。

    撮影しながら歩いたので、時間はかなりかかっています(休憩もしたしね)

     

     

    12km歩いたあとの体の痛みですが、カメラリュックが原因の痛みはありません。

    Amazonベーシックカメラリュックのショルダーベルト部分はかなり太めなので、長時間カメラリュックを背負っていても肩の痛みは無いです。

    チェストベルトとウエストベルトが付いているので、カメラとカメラバッグの重さを体全体で支えることができます。

    カメラリュックの背面側もしっかり汗対策がされているので、今回は汗で背中が蒸れるって言うことはありませんでした(真夏はわかりません。)

     

    ただ、カメラリュックの厚みがあるせいか、いつも使っているカメラリュックに比べてカメラの重さでカメラリュックが後方に引っ張られる感じがします(リュックの中で、カメラが後ろに動いている感じです)。

    不満点はそれぐらいでしょうか?

     

    カメラリュックによる痛みはありませんでしたが、太ももが脂肪で太いせいか、トランクスによる股擦れはありました。

     

    歩きながら撮影した猫の写真。

    EOS Kiss X7i+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMで撮影しました。

     

     

     

    フルサイズ一眼レフカメラを使っている人は、21.1Lサイズではなく、もう一つ上のタイプを買うことをおすすめします(値段は1000円ぐらい違うだけです)。

    小さいサイズの21.1Lタイプだとバッテリーグリップを付けるとカメラリュックの蓋が閉まらない可能性が有りますね。

     

     

     

    260mmまで縮められて、持ち運びしやすい ベルボンのULTRA STICK SUPER 8はこちら。

     



    いつも使っているカメラリュックはこちら。 カメラとレンズの収納量が少ないのでAmazonベーシックのカメラリュックを買いました。

    こちらのカメラリュックは、カメラ1台とレンズ2本が限界かな?

     

    ELECOMのカメラリュック、off toco DGB-S023のレビュー記事はこちら。

     

    sorena.hatenadiary.jp

     

    Canonの一眼レフカメラの値段(Amazon)