チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

Peacockの卓上ポット AHR-150は中栓を外して洗えないから買わないほうがいいよ、という話。



広告


 

 

ホームセンターで買ったピーコックの卓上ポットAHR-150。

普通の卓上ポットは蓋を回して開けますが、この卓上ポットはワンタッチレバーでかんたんに外せる。

その分保温、保冷能力は落ちるかもしれないが便利な方が絶対にいい。

値段も安かった。

1800円位で買えた。

1リットルタイプはAHR-100

2リットルタイプは AHR-200

という商品名で売っている。

 

Amazonとかでは売っていない茶色っぽい落ちついた色の卓上ポット。

f:id:yodare0:20200624232304j:plain

 

f:id:yodare0:20200624232342j:plain

この両側のレバーをつまむだけで簡単に蓋をはずして飲み物を入れられる。

保温、保冷能力も十分。

f:id:yodare0:20200624232334j:plain

 

で、しばらく使って、AHR-150の中栓を外して洗おうとしたら外れない。

ネットで調べてみるとはずれないらしい。

説明書にも外して洗う方法は書いてなかった。

 

中栓部分。

普通はここが外れて飲み物が通る部分が洗えると思うがはずれなくて洗いにくい。

f:id:yodare0:20200624232311j:plain

 

これが普通の状態。

f:id:yodare0:20200624232317j:plain

 

レバーを押していっぱいいっぱいに開いた状態。

f:id:yodare0:20200624232327j:plain

 

こんなの洗えないじゃん。

説明書には清潔に保ってください、と書いてあるが、こんな作りではとても清潔な状態は保てない。

洗えないと汚くて捨てるしかない。

それは悔しいのでストローブラシを使って中栓を洗うことにする。

f:id:yodare0:20200624232349j:plain

洗うには洗えた。

凄い面倒で時間もかかった。

ただし、一番の問題はちゃんと洗えたかどうか確認できないこと。

中栓が分解できないのだから確かめようがない。

 

象印やタイガーの似たタイプの卓上ポットはちゃんと分解して洗える。

 

象印。

f:id:yodare0:20200624232301p:plain

 

 

 

タイガー。

f:id:yodare0:20200624232357j:plain

 

確かに象印やタイガーの卓上ポットよりピーコックの卓上ポットのほうが安いがまさか分解して洗えないとは思えなかった。

一応、飲み物を入れて体に入れるもんなんだけどね。

ちょっとこの構造は理解不能。

一流、二流メーカー以前の問題だと思うんだが。

 

少し高くても象印やタイガーのワンタッチで蓋が外れる卓上ポットをおすすめします。

リンクをタップすればAmazonで買えます。

 

象印 ステンレス 卓上 ポット 1.5L SH-HB15


タイガー魔法瓶 TIGER 保温 保冷 卓上ポット 1.6L PWO-A160

 

AHR-150を買っちゃった人はストローブラシで掃除するのをおすすめします。

自分は買い換える予定ですけどね。

 

ストローブラシ

 

Amazonのレビューを見ると中栓が外れずに洗えないと怒っているレビューもちらほら。

自分は中栓を分解してあらえないこと以外文句は無いけど、さすがに体に入れるものを汚れたままでは使えないので買い替えます。

Peacock ピーコック ステンレス卓上ポット 1.5L AHR-150