チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

中古で買ったロードバイクのSTIレバーの透明なカバー(ネームプレート)が壊れていたので補修パーツを購入して5分で交換した話。



広告


 

 

中古でロードバイクを購入しましたが、STIレバーの右側のレバーのディスプレイ部分の透明なガラスが無くなっていました。

まあ、購入するときに気がついて、理解して買ったのでなんの問題もなかったんですけどね。

 

で、購入する前は別に気にならないだろう、と思っていたんですが、少し乗ってみたら余りにも酷い見た目なので補修パーツを購入して治す事にしました。

 

STI3500の右側のレバーのディスプレイ部分が無い。


ネームプレートを注文している間に赤い針の部分も無くなった。

 

届いた補修パーツのシマノ純正のネームプレート。

STI3500用は500円程度で買えるので非常にリーズナブル。

 

ブレーキレバーを思いっきり引くとネームプレートをつけるためのネジが見えるので、それを一度外します。

 

外したネジを購入したネームプレートに付けて、STIレバーに取り付けるだけ。

ネジがない場合や新しいネジを使いたい人は商品に付いてくるのでそれを付けてください。

このネームプレートはプラスドライバーの一番のサイズでつけることができました。

2番のプラスドライバーだとうまく回せなかったので1番のプラスドライバーがおすすめです。

時間にして5分もかかりませんでした。

 

 

STIレバーのネームプレートを無くす人はそうは多くないと思いますが、ロードバイクを整備するときはパンクを修理するときにひっくり返して傷が付いてそのまま、という人も多いでしょうから、お金に余裕がある人は交換したほうが見栄えが良くなって気分が良くなるので交換したほうが良いですよ。

 

Amazonからの紹介。

 

 シマノ ネームプレート(右用)&固定ネジ

 SHIMANO(シマノ) ST-3500 Lネームプレート

 

STI3500以外のネームプレート。

シマノ STIレバー用 ネームプレート

 

プラスドライバー 1番