チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

2019年7月13日、仙台港に護衛艦ちくまと潜水艦せいりゅうが来たので見てきました。



広告


 

 

今年も夏の海上自衛隊の護衛艦イベントへ行ってきました。

場所は仙台港。

多賀城からシャトルバスが出ていましたが、天候が良かったので自転車で行く。

 

護衛艦ちくま前方からの写真。

ちょっと色が変ですね。

 後方からの写真も。

 

 

 


天気が良かったので見物客の人数はかなり多め。

日曜日は塩釜のお祭りと重なってるんですが、一日雨予報なので行くのをやめて天気の良い土曜日に行くことにしました。

 

護衛艦ちくまに乗船するまで、かなり並びましたが日光がキツイ。

気温は26度くらいなんですが、最近まで涼しい日が多かったので体に応えます。

 

艦橋に登るための階段。

護衛艦の階段は軍艦なので、かなり急勾配に作られています。

 

カメラを首にかけながら登ったり降りたりするのはかなり怖かった。

靴は動きやすい靴がおすすめです。

ヒールが高い靴を履いていくのはやめましょう。

 

 

ちくまの前側にある76mm砲。

タイミングが良かったのか、62口径76mm砲を動かすイベントを楽しむことができました。

 

 

 

 

74式アスロック。

上の写真の女性が覗いているのが下の写真です。

 

 

ファランクス20mm機関砲。

こちらも砲塔を動かすイベントに間に合いました。

動画も撮ってみたんですが上手く撮れなかったのでボツ。

 

甲板周りを一通りみてから艦橋に登ろうとしましたが、ここで失敗。

飲み物を持っていなかたので、熱中症になりかけました。

フラフラする感じの目眩が軽くしたので、一度護衛艦を降りて下の屋台で売っているアクエリアス2本を飲んで熱中症対策。

 

せっかく来たのに艦橋に登らず帰るのも嫌なので、もう一度並んで護衛艦ちくまに乗ります。

 

艦橋のCICの中に貼ってあったちくまの御朱印。

艦内のちくま神社を見つけた人にプレゼントと書いてありますが、全然気が付きませんでした。

 

 

次は潜水艦せいりゅうを見に行きます。

残念ながら艦内見学はできません。

宮城県に潜水艦が来るのは珍しいそうです。

 

 

せいりゅう前側から。

カメラのレンズはDT16-50mm F2.8 SSMなので、35mm換算で24mmなんですが全然広角側が足りませんでした。

 

 

 

 

せいりゅう後側から。

 

 装甲車なども展示してました(少ないですが)