チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

Chromeで日本語に翻訳されたサイトを原文に戻す方法。アドレスバー(検索窓)のアイコンをクリック→オプションで原文のページに戻せる。



広告


 

 

自分は英語が苦手なので大抵の場合はGoogleさんに英文のサイトを日本語に翻訳してもらって読んでます。

Google翻訳はまだまだ正確とは言えませんが大体の場合は使えます。

 

が、日本語から元の原文のページに戻せないことに気が付きました。

日本語に翻訳されていても、「あーここは間違ってる」と思う箇所は原文で読んだほうが良いときがあります。

しかし、原文への戻し方がわからない。

 

で、ちょっと調べてみると日本語に翻訳されたサイトを原文に戻す方法がわかりました。

 

アドレスバー(検索窓)の部分にある赤い丸のアイコンをクリックし、オプションを選択すると

英語を常に翻訳

英語を翻訳しない

このサイトは翻訳しない

言語を変更

の選択が出てくるので、好きな選択肢を選びます。

 

 

普通は

英語を翻訳しない

このサイトは翻訳しない

を選択すればいいと思います。

 


ちなみに日本語に翻訳された状態に戻すには、

サイトの文章が書かれている場所で、マウスを右クリックすれば

「日本語に翻訳」

の選択肢が出てくるので、それを選ぶだけです。

 

 

ちなみに上のページは自分のメールアドレスが流出してないか調べられるページです。

自分が使っているメールアドレスは見事流出してました。

 

 

流出してないメールアドレスの場合はこちら。

 

 

pwned?の検索窓に自分のメールアドレスを入力し、pwned?をクリックするだけで簡単に調べられます。

こちらのサイトで調べられます。

haveibeenpwned.com