チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

Fire HD8 タブレットを4980円で購入。使った感想は本を読むには重すぎて、動画を見るには画面が小さすぎる。ロック画面のキャンペーン広告を消す方法も。



広告


 

 

買ってしばらく使ってみた感想としては、多少不満はあるものの、漫画や本、色々な機材のマニュアルを読むのに便利なので買って非常に満足しています。

 

今までFire タブレットを買わなかった理由。

 

ついにAmazonのFire HD8 タブレットを購入してしまいました。

Amazonの2018年サイバーマンデーセールで通常8980円のところを4980円で購入できました。

いままでタブレットを購入するかどうか悩んでいましたが、実際に使う必要もなかったので特に購入はしていませんでした(家族がネット契約の時にもらったタブレットはあったので何度か使っていましたが、スペックが低すぎてちょっと使いづらかった)。

 

中古でドコモのHuawei製のd-tabなんかは気になっていましたが、Fireタブレットは全然欲しくなかった。

FireタブレットはGoogleではなく、Amazonが発売してAndroidをAmazonがカスタムしているのでちょっと使いにくそうなんですよね。

Fire HD8 タブレットは8980円で、もう少しお金を出せば中古でdocomoのd-tabが買える値段だし。

d-tabは、最近アメリカの制裁を受けていることで有名なHuawei製ですが、スマホもタブレットも性能には何の問題もありません。

なので、Fire HD8 タブレットを買うならd-tab,でもタブレット自体あんまり必要ないので今まで購入していませんでした(スマホとパソコンがあるので)。

 

 

Fire HD8 タブレットを買った理由。

 

で、ついにAmazonのサイバーマンデーセールで購入したわけです。

買った理由は値段ですね。

新品で5000円以下なら、まあ、性能には目をつぶろうか、って感じです。

 

Fire 7 タブレットの方は性能が低くて動作が遅く、値段もサイバーマンデーセールで1500円程しか違わなかったので、少し上のスペックのFire HD8 タブレットを購入しました。

 

もう少し上のスペックのFire HD 10 タブレットもセールで9980円で売っていましたが、正直、10インチは本を読むのには重そうだし、今月色々とお金を使いすぎていたのでFire HD8 タブレットで妥協することにしました。

 

Fire HD8 タブレットが届きました。

 

 

Fire HD8 タブレットのパッケージ。

 

 

裏側。

 

ここをペリペリと剥がしてパッケージを開ける。

箱というよりダンボール製の袋だと思うとわかりやすい。

ちょっと新鮮な気分。

 

Fire HD8 タブレット本体。

 

付属品。

説明書らしきものとMicroUSBケーブル、MicroUSBケーブルを挿して充電に使うACアダプターが付いている。

 

 

1周間程使った感想は本を読むのには便利だが重い。動画を見るのには画面が小さすぎてつまらない。

FireタブレットはGooglePlayをインストールすると遅くなる?アプリを沢山インストールしなければ遅くはなりません。

Fire HD8 タブレットのOSはAndroidですが、GoogleのAndroidとは違ってAmazonがAndroidをカスタムしたFireOS。

なので、基本的にはAndroidのアプリをインストールできるGooglePlayはインストールできません。

できませんが、簡単な方法でインストールはできます。

最初は無くても大丈夫かと思いましたが、すぐにインストールしてしまいました。

今までAndroidスマホで使っていたアプリが使えないのは不便極まりないからです。

 

で、GooglePlayをインストールして使った感想ですが、レビューでは遅くなる、もっさりするとのレビューが書かれていましたが、自分は遅くは感じませんでした。

まあ、大した数のアプリはインストールしてません。

自炊した漫画を読むためのアプリ。

PDFを読むためのアプリ。

5ちゃんねるを読むためのアプリ「chmate」

Instagram。

くらいですかね。

 

Fire HD8 タブレットで本を読んだ感想。タブレットが重いのは気になるが、画面が大きくなったことで小さい文字でも読みやすくなり、買ってよかったと感じた。

これは画面が大きくて超便利です。

Fire HD8 タブレットクラスでも少し重いので長時間読むと腕が疲れますが、スマホが5インチしかないので8インチだと、とにかく本が読みやすいです。

漫画も読みやすいし、デジカメのマニュアルも読みやすい。

特にデジカメのマニュアルは今までスマホにダウンロードしていましたが、画面が小さくて字が読みにくかったので全然読んでなかったんですが、Fire HD8 タブレットのおかげで読みやすくなり、全部読むことができました。

これだけでFire HD8 タブレットを買って良かった、と感じます(元の値段の8980円だと微妙ですが4980円なので・・・)

 

これがFire HD 10 タブレットだと大きすぎて、逆に本を読むのは不便だったと思います。

確かにスタンドなどに載せて使うには便利そうですが、寝ながら見たり布団の中で読んだりするには不便そう。

Fire 7 タブレットだと逆に軽くて便利そうですが、画質が悪くスペックが低いせいで動作が遅くてストレスがたまるそうなので、やっぱりFire HD8 タブレットがベストバランスなのかなぁ、という印象です。

 

ちなみに動画をあまり見ないで、本やwebばかり見ているので、自動回転をオフにして縦画面専用タブレットになっています。

方法。

上からスワイプ。

歯車アイコンの下にある丸い矢印マークをタップ。

矢印マークの中に鍵マークが出たら縦画面でロックされています。

横画面になることはありません。

本やweb専用ならこちらのほうが便利です。

 

 

Fire HD8 タブレットで動画を見た感想。8インチでは画面が小さすぎて動画の迫力にかけると感じた。10インチにしてもそれ程改善するとは思えない。

買う前は布団の中で動画を見たりしたいなぁ、とか思ってましたが、実際使っていみるとそんな気は失せました。

 

とにかく画面が小さくて迫力に欠けます。

正直、同じ動画を19インチの安物テレビで見たほうがはるかに面白く感じます。

テレビが無い人ならFire HD8 タブレットでも大丈夫でしょうが、テレビやモニターがある人ならFire HD8 タブレットよりFire TV Stickを買ってテレビで見たほうが良いです。

 

テレビが家に無い人でも安物のPC用液晶モニターを買って、Fire TV Stickをつなげて見ることをおすすめします。

 

動画を見るのに8インチはやっぱり小さいです。

これがFire HD 10 タブレットの10インチでもやっぱり小さいと思います。

やっぱり動画は大画面の方が良いですね。

 

上の本を読む時Fire HD8 タブレットも重いのと合わせて、Fire HD 10 タブレットを買わなくてよかったなぁ、と感じます。

8インチが10インチに変わっても動画の大きさはそれ程変わりませんもんね。

 

ただ、Fire HD8 タブレットは家の中でしか使っていません。

Amazonプライム・ビデオをSDカードにダウンロードして、ネットに繋がない状態でも動画が見れるはずなので、その時になったら評価は変わるかもしれませんね。

問題は、外で動画を見るきになるかどうかですが・・・・。

 

 Fireタブレットのロック画面のキャンペーン広告を消す方法。

 GooglePlayのインストールなどは、初心者レベルの知識が必要ですが、Fireタブレットのロック画面の広告は消すのは簡単です。

自分も買った時は広告くらい別に構わないじゃないか、と思ってましたが、ロックを解除するたびに見せられる動画広告にはうんざりして、すぐに消してしまいました。

 

まずは設定アイコンをタップ。

設定画面でアプリと通知をタップ。

 

Amazonアプリの設定をタップ。

 

 キャンペーン情報をタップ。

 

ロック画面のキャンペーン情報をオフに。

最初はオンになっていてオレンジ色ですが、オフにすると灰色になってオフにできます。

 

邪魔なホーム画面のおすすめ情報を表示させない方法。

これも邪魔なので。

先程のAmazonアプリの設定から、ホーム画面をタップ。

 

 

おすすめをタップしオフにする。

Amazonでお買い物アプリからの通知が邪魔なので、通知しないように設定。

これも結構うざいので通知されないようにします(画面の上の方にある通知マークですね。注意点としてAmazonのほしいものリストがタイムセールになっても通知されません)

 

設定。

アプリと通知。

下の方の通知の下にあるアプリの通知をタップ。

Amazonでお買い物をタップ。

すべてブロックをオンにする(オレンジ色になります)

 

 

Amazonで価格を調べられます。

 

fireタブレット

d-tab

Fire TV Stick

液晶モニター