チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

Pontaカードを楽天edyと連携させて、LAWSONで楽天edyを使った時にPontaポイントが入るようにする。



広告


 

 

 

 実は必要なかったPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ・・・

                ↓

 
 

Ponta会員になって楽天edyで買い物をして、Pontaポイントを手に入れるために必要なもの。

 

色々あって、Ponta会員になることにしました。

で、Pontaカードといえば、LAWSONで買い物する前に必ず

「Pontaカードはお持ちですか?」

と聞かれますよね。

 

買い物の度にPontaカードを取り出して買い物をするのも面倒なので、おサイフケータイにPontaカードをインストールして、楽天edyで買い物をしたらPontaポイントが貯まるように設定しました。

 

必要なものは、

Pontaカード(正確にはPontaカードに載っているPonta会員IDとセキュリティーコードが必要)

おサイフケータイ機能があるスマートフォン。

LAWSONのスマホアプリ。

ローソンID。

  

 

Pontaカードに会員登録する方は省略します。

パソコンでもスマホでも簡単に登録することができます。

 

Pontaカードの種類?としては

 

クレジットカード機能付きのPontaカード。

 

クレジットカード機能のないPontaカード。

 

デジタルPonta(Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ)

ローソン以外の店舗でも使えるスマホアプリのPontaカード。

アプリを立ち上げて、バーコードリーダーでバーコードを読み取る必要あり?

 

LAWSONモバイルPonta。

ローソンでしか使えないPontaカードアプリ。

おサイフケータイ機能付きのスマホなら、電子マネーで支払いをすると自動的にPontaポイントが貯まる。

ローソンアプリを起動する必要はない。

普通に電子マネーで支払いをすればOK。

 

の4種類さえ覚えておけば大丈夫・・・なはず。

ローソンモバイルPontaでもPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリでもPontaアプリを使うためには、実物のPontaカードが必要。

Pontaカードはローソンなどで貰えます。

店頭に置いてあり、自分で自由に取れる店舗もあれば、店員さんにPontaカードください、と言って貰う店舗もあります。

 

自分の場合は、店頭でクレジットカード機能の無いPontaカードが無かったので、店員さんに頼んだら、レジの下からPontaカードが入った封筒を出して、それを貰うことができました。

クレジットカード機能付きのPontaカードは店頭に沢山あったので、もしかして利益率の高いクレジットカード機能付きのPontaカードをオススメしたいのかもしれません(邪推ですけど)。

 

 

ローソンアプリをインストールし、ローソンIDを登録し、Pontaカードをローソンアプリとリンクさせる。

 

ローソンアプリをダウンロードしインストールします。

play.google.com

 

実は、ローソンアプリのIDはPontaカードのリクルートIDではログインできません。

わざわざローソンIDを取らなくてはいけません。

面倒ですね。

なんで、リクルートIDでログインできるようにしてないんでしょうか?

 

 

ログイン画面。

まずはローソンIDを取る必要がある。

 

登録するメールアドレスと自分のパスワード(確認の方にも入力を忘れずに。パスワードが違うと進みません)を自分で決めて入力。

 

登録したメールアドレスにメールが送られてきて、これに書いてあるURLを踏み、パスワードを入力するとローソンIDの登録が完了する。

おそらく24時間をするとこのURLは無効になるので、できるだけ早く登録するようにしましょう。

 

パスワードの入力画面が出て来る。

 

パスワードが正しければ、ローソンIDの登録が完了。

 

で、次にPontaカードの登録をする。

Ponta会員IDを登録をタップ。

 

すでにPontaカードを登録し、Pontawebが使えるようになっている前提の記事なので、Ponta会員IDを入力し、ログインをタップ。

 

ローソンIDを入力し、ログインをタップ。

 

これで、モバイルPontaの登録が完了。

 

設定

「かざすフォルダを確認する」から「ローソンモバイルPonta」が登録されているかどうか確認してください。

 

モバイルPontaで、楽天edyとリンクさせる方法は?

 

で、ここで難問が発生。

モバイルPontaと楽天edyをリンクさせる方法がわからない。

色々、ローソンアプリの中を探しましたが見つからないので、試しにローソンで楽天edyで買い物をしてPontaポイントが発生するかどうか確認してみました。

 

税込み100円の缶コーヒーを購入し、楽天edyで決済。

買い物の後、Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリを起動し、ポイントを見てみると、ポイントが発生していない!!!

 

やっぱり楽天edyとリンクさせる必要があるのかと、色々調べてみたらPontaポイントが発生するのは税込み108円から。

100円の缶コーヒーではポイントが発生しない。

後日、150円のお菓子を買って楽天edyで決済をしたら、無事Pontaポイントが発生していました。

 

ローソン以外の店舗ではPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリが必要。

 

 失敗談として、実は最初にデジタルPontaと言われるスマホアプリをインストールして、それからローソンアプリをインストールしてしまいました。

デジタルPonta(正式にはPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ)ですが、あれはバーコードを読み取るタイプのアプリで、おサイフケータイが備わっているスマホには必要ないようです。

せっかく、スクリーンショットとか撮影したのに・・・。

 

ちなみにモバイルPontaが使えるのはローソンだけだそうで、それ以外のお店で使うにはPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリが必要なそうです。

 

一応、デジタルPontaの登録の仕方も載せておきます。

 

 

 

 

Pontaカードのアプリをスマホにインストールし、会員IDを登録する。

 

まず、「Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリ」をスマホにインストール。

play.google.com

 

こんな感じで、

 

Pontaカードのアプリをインストールして、Pontaカードのアプリアプリを起動させるとこんな画面。

 

で、ログインしますが、ログインのIDはPontaカードの会員IDではなくリクルートID(リクルートIDはPontaカードの会員登録する時に、一番最初に取りますので安心してください)

 

規約に同意して、

 

 

ここで、問題発生。

なんとPontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリのスクリーンショットが撮れない。

たぶん、セキュリティーの都合でしょうね。

この時は仕方がないのでスクリーンショットは諦めましたが、後日2台目のスマホでログイン画面を撮影しました。

 

この時はスクリーンショットを撮影できなかったので、この後、Pontaカードの会員IDとセキュリティーコードを入力するかどうか、忘れてしまいました。

おそらく、入力したはずなので、もし入力画面が出たら、IDとセキュリティーコードを入力してください。

会員IDもセキュリティーコードもPontaカードの裏に書いてあります。

 

で、Pontaカード(公式) 『たまる・つかえる』ポイントアプリに登録するとこの画面が立ち上がる。

この画面もスクリーンショットが撮影できない。

セキュリティーの問題でスクリーンショットが撮影できないと思ったほうが良いですね。

ちなみに1ポイント入っていますが、Pontaカードを使っていない場合は0ポイントから始まります(なにも貰えません)

1ポイント入っているのはローソンで買い物をしたからです。

 

 

Pontaカード側の設定はこれで終わり。