チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

Windows Defenderに誤って削除されたファイルを復元する。誤削除されないように対策。ついでにWindows Defenderを無効化する。



広告


 

 

Windows Defenderにファイルが勝手に削除された。

 

パソコンでjoytterでTwitterを見ていたら、いきなりWindows Defenderにjoytterが削除した、というボップアップが・・・。

joytterは長年使っているので、当然危険なソフトではない。

当然、joytterを復元する必要があり、Windows Defenderに誤削除されたjoytterを復元できたので、メモ代わりに置いておきます。

 

 

Windows Defenderに誤って削除されたファイルを復元する。

 

Windows Defenderを起動し、この画面を出し、履歴をクリック。

Windows Defenderの起動は、右下のタスクトレイのアイコンをクリックするか、

左下のWindowsアイコンをクリックし、

「すべてのアプリ」をクリックし

Windowsシステムツールの所に、Windows Defenderがあるのでそれをクリック。

 


次に「検疫されている項目」が選択されていることを確認し、詳細の表示をクリック。

 

 

詳細の表示をクリックすると、削除されたファイルが表示されるので復元したい項目を選択肢、右下の復元をクリック。

2段めのボックスの下の方にスクロールすると詳しいファイル名が出るので確認を忘れずに。

誤削除されたファイル名がわからな人は、削除された時間で判断してもいい。

1ヶ月ほど前にもファイルが削除されているので、結構昔のファイルでも残っているみたいです。

 

このウインドゥが出てくるので、かまわず「はい」を選択。

 

自分の場合はこれで復元できました。

 

Windows Defenderにファイルを誤削除されないように、ファイルやフォルダを除外する方法。

 

次に、又誤削除されないようにWindows Defenderからファイルやフォルダを除外しておきます。

Windows Defenderを起動し、この画面で設定をクリック。

ファイルを除外する

フォルダを除外する

の項目があるので、+の部分をクリックし除外するファイルやフォルダを選択。

 

 

これで完了です。

 

Windows Defenderを起動しないようにするが、無理っぽい。

 

次に、Windows Defenderを起動しないようにしますが、一時的に起動しないようにすることはできるようですが、永続的にWindows Defenderを起動しないようにするのは無理っぽい?

自分のように、他にセキュリティソフトを入れている人間にとっては、Windows Defenderなんか邪魔以外のなにものでも無いんですが・・・・。

左下のWindowsアイコンの上で右クリック。

  ↓

 コントロールパネル

  ↓

プログラムのアンインストール

を見ても、Windows Defenderは見つからないので、Windows Defenderをアンインストールする(削除する)事は無理っぽいですね。

 

Windows Defenderを起動し、設定(歯車をクリック)

更新とセキュリティが起動するので、Windows Defenderを選ぶ。

リアルタイム保護

クラウドベースの保護

を選択しオフにする。

 

 

 Windows Defenderを完全に無効にする方法。

 

ここのページの順番にレジストリを変更していきます。

ここのサイトのとおりに実行し、右下のタスクトレイのWindows Defenderのアイコンをクリックし、このウインドゥが出たら成功(たぶん)

 

自分の場合はWindows Defenderの他にセキュリティソフトのavastをインストールしているのでWindows Defenderを無効にしてもなんの問題も無いですが、セキュリティソフトをWindows Defenderの他に何もインストールしていない人は、Windows Defenderを無効にしないほうが良いと思います。

超危険ですからね。

 

 

 

boxil.jp