チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

普段使いができそうな冬用のサイクルキャップ、BE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093Gを購入しました。



広告


 

 

普段使いができそうなサイクルキャップといえば、随分前にRelicのサイクルキャップを買って失敗しましたが、今回届いた商品を見て安心しました。

少なくともRelicのサイクルキャップよりは遥かに普通の帽子です。

ちょうど楽天のセールをやっていた時期だったので、1000円+送料540円で買えました。

 

BE.(ビードット)

 

届いたBE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093G。

 

 

 

 

一言で言えば、サイクルキャップが嫌いな人の為のサイクルキャップ。

サイクルキャップって自転車に乗っている時に風の抵抗を抑え、帽子が風で飛ばされないように、スリムでタイトな感じのサイクルキャップがほとんどなんですが、今回買ったBE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093Gはそれとは違います。

 

BE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093Gは恐らくBE.BIKEのオリジナルブランド。

なので、BE.BIKEで売り切れたら終わり。

 

一応、普通のサイクルキャップであるRelicのサイクルキャップとの比較。

 

Relicのサイクルキャップは普通のサイクルキャップ。

被ると頭の天辺のほうが細くて、ちょっとおじさんにはキツイデザイン。

元々、サイクルキャップはサイクルヘルメットの下に被ることが多いので、これでも問題はないんですが、自分の場合はサイクルヘルメットを使わないので、ちょっとキツイ(首が悪いので、できるだけ頭になにも付けたくない)。

かといって普通の帽子だと簡単に風で飛ばされますから、サイクリングには使えない。

 

 

で、今回買ったBE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093G。

サイクルキャップではなく、サイクル ウォーム ワークキャップです。

ウォーム ワークキャップなので、暖かく帽子の上の部分がフラットです。

 

 

横からみるとこんな感じ。

後が下がっていますが、詰め物の量が足りないだけでフラトです。

普通の帽子に比べて、ツバの部分がかなり小さい(狭い)。

これは風の抵抗で帽子が飛ばされないようにするためで、サイクルキャップとしては普通のデザイン。

むしろ、ツバの部分が大きかったら困る。

 

後ろから見ると、タグが付いていて光を当てると反射します。

このタグ、小さいのでもう少し大きくても良かったかも。

 


キャップの中はメッシュ状になっていますが、冬用のサイクルキャップなので暖かいです。

 

帽子の後側にボア?状のものが付いていて、寒ければ耳あて代わりに使えます。

 

 

で、このサイクルキャップが家に付いてから、すぐ付けてみました。

ちょっとキツイかな・・・・。

このサイクルキャップはフリーサイズで54から60cmまでのサイズなんですが、自分の頭のサイズは60cm。

もう少し余裕があると思いましたが、結構きつめ。

 

それでも余裕でかぶれますが、少し圧迫感はあります。

ボア状の耳あてフラップを帽子の中に入れると、かなりきついです。

耳あてフラップを外に出せば少しきついだけで何とか使えそう。

問題は長時間使ったときですけど、まだこのキャップを付けてサイクリングに行っていないので、そこはわかりません。

 

実は冬用のサイクルキャップを買おうと楽天で探した時に、こちらを買おうと思っていたんですが、欲しいカラーがなかったので偶然見つけたBE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093Gのデザインを気に入り買うことにしました。

 

元々買おうと思っていたサイクルキャップのBE. ウォームキャップ 。

 

 



 今回買ったBE. サイクル ウォーム ワークキャップ BEA093G。

自分はカーキ色を買いましたが、グレーもあります。

 

 

 

BE.BIKEのサイクルウェアを売っているリンク。

  ↓

BE.(ビードット)

 

sorena.hatenadiary.jp