チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

脱衣所にコルクマットを敷いたら寒さが激減。コルクマットを敷く時の注意。



広告


 

 



脱衣所が寒い。脱衣所の床が冷たい。

 

うちの家は古いので脱衣所、洗面所がフローリングで寒い。

冬になるともう、酷く冷える。

一応、防寒効果のあるカーテンを付けてみたが、やっぱり寒い。

 

脱衣所が寒い理由として窓が大きいと思って諦めていましたが、最近、やっと気がついた。

脱衣所の床が冷たすぎる!!!

寒い、寒いとずーっと思っていましたが、その原因は窓から伝わってくる冷気だと思ってましたが、実は床のフローリングからの冷気がかなりのものになる。

冷たい空気は下にたまるので、脱衣所が寒いのは床の冷たさのせいだとは思わなかった。

中途半端な知識があると気が付かないもんですね。

 

寒ければ我慢すればいいじゃない。

まあ、その通りですね。

寒ければ我慢すれば良いんです。

 

が、この方法には問題がありまして、気持ちで我慢しても体は我慢できないんですね。

 

良く聞くヒートショックって何?って人はこちらのサイトで確認してください。

 

ヒートショックは体全体が露出する入浴時に多く発生する。

住宅内で暖房をしていない脱衣室や浴室では、室温が10度以下になることが珍しくない。

寒い脱衣室で衣服を脱ぐと、急激に体表面全体の温度が10度程度下がる。

すると寒冷刺激によって血圧が急激に上がる。

 

この血圧の急上昇が、心筋梗塞、脳卒中を起こす原因のひとつとされている。

さらに、一度急上昇した血圧は、浴槽の暖かい湯につかることによる血管の拡張で、

反対に急激に低下する。

この急激な血圧低下が失神を起こす原因となる。

 

tokuteikenshin-hokensidou.jp


ヒートショックも問題ですが、自分には喘息の持病がありまして、これが又、問題なわけです。

脱衣所の冷たい床に足が乗っかると自分でも分かるんですが、気管がキュって締まる感じがして、咳が止まらなくなることがあります。

そういう時は、喘息用の吸入器を吸って、咳を止めます。

こればっかりは自分が我慢しても、自分の体は自分の意志でどうにもできません。

 

 

脱衣所や洗面所のフローリングにコルクマットが最適な理由。

 

で、脱衣所が寒い時の対策。

原因は床の冷たさ(フローリングの時は多いそうです)の時は簡単でコルクマットを買ってきて敷くだけ。

 

なんで、コルクマット?

普通のマットでも良さそうなんですが、脱衣所や洗面所で使う場合は湿気に気を付ける必要があります。

理由は、コルクマットは湿気や水に強い。

脱衣所や洗面所でコルクマットを選ぶ理由は、これです。

当たり前ですが、脱衣所や洗面所は水気が多いですよね?

普通のマットだと水気を吸ったまま、湿気がたまりカビが発生しやすくなります。

その点、コルクならワインの蓋に使われていることからわかるように、かなりの防水性があります。

 

ちなみにコルクマットの防寒効果(断熱性能)ですが、かなり高いです。

コルクマット単体でも大丈夫ですが、より効果を高めるために保温アルミシートを敷きます。

 

コルクマットを敷いた時の湿気対策。

 

ただ、コルクマットは湿気や水には強いですが、コルクマットと床の間にどうしても隙間が空いてしまうので、そこに水が入ると湿気がたまり、カビが発生することがあります。

 

コルクマットを敷く時は、脱衣所全てをコルクマットで覆わず、少し隙間を開けるように敷きます。

定期的にコルクマットを外して、湿気がたまらないようにしています。

他に新聞紙をコルクマットの下に敷いて、湿気を吸収してもらいます。

この新聞紙も定期的に交換します。

 

 

実際にコルクマットを敷いた効果。

コルクマットの防寒効果(断熱効果)ですが、敷いたその日にわかりました。

床から伝わる体に伝わる冷たさが全然違います。

その結果、脱衣所の寒さを低下。

気管が狭まって、咳が止まらなくなる減少も無くなりました。

自分でも驚きました。

もっと早く知りたかった。

 

顔を洗うだけなら短時間で済むんですが、髭剃りとかすると5分以上洗面所にいることが多いのでコルクマットの効果は体感でかなり感じています。

1階の暖房を消して、しばらくたった洗面所に行ったときなどもコルクマットの有り難みを感じています。

 

一番良いのは脱衣所に暖房器具を置く事。

まあ、当たり前ですが、コルクマットの断熱効果にも限界があります。

一番良いのは文明の力、暖房器具を使うことです。

自分はあまりお金を使いたくないので、コルクマットですが、普通の人はストーブや脱衣所用のヒーター、防水効果のあるホットカーペットなどを使うのが一番いいです。

 

脱衣所や洗面所を使う時の少し前に暖房器具を使い始めれば、脱衣所も暖かくなって寒さで震えることもヒートショックを起こすこともなくなります。

 

ホットカーペットの電気代は、1畳用なら1時間当たり5円から8円ぐらい。

弱設定で使えば、もう少し安くなります。

ある程度締め切った脱衣所なら、ホットカーペットを付けっぱなしにすれば、暖かい状態を保てます。

ホットカーペットは下から上に熱が上がるのは、エアコンより少し有利です。

 

エアコンの電気代も1時間当たり7円前後です。

 

Amazonで買えます。

  ↓

コルクマット

防水ホットカーペット

脱衣所用ヒーター