チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

マスクの上側を折り曲げるだけで、眼鏡のレンズが曇らなくなる。



広告


 

 

 

冬になると風邪の予防にマスクを付けますよね?

で、必ず息で眼鏡が曇る。

まあ、当然といえば当然の話。

 

が、それが簡単な方法で眼鏡が曇らなくなる。

 

その方法は、マスクの上部を前側に折りたたみ、その上から眼鏡をかけるだけ。

写真で解説するとこれだけ。

 

100円ショップで売っている、普通のマスク。

 


マスクの上側を前方に折りたたむ。

折りたたむのは顔の反対側の方向ですね。

試しに顔側に折り畳んでみたら、眼鏡が曇りました。

折りたたむ量はわかりやすく多めにしています。

自分で試しながら調整してください。

 

 

この状態でマスクを付け、その上から眼鏡をかけるだけ。

一応、肌とマスクが密着するようにマスクの上側を指でなぞって肌に密着させるようにしてください。

マスクの位置も重要かもしれません。

自分の場合はマスクを目の下の方の位置でマスクを付けると眼鏡のレンズが曇らなくなりました。

 

 

最初、この方法を知った時は本当かよ、と疑いましたが、さっき試してみたら本当に眼鏡のレンズが曇らない。

息を強めにフーフーしてみましたが、それでも曇らない。

本当に感動しました。

 

よく、お店やネットで眼鏡のレンズの曇り予防の為のアイテムが売っていますが、これからはいらないですね。

こんな感じのヤツです。

 

 

注意点として、やはり普通にマスクを付けるより密着性が落ちるので風邪予防の効果は落ちるかもしれません(風邪のウイルスとか、小さな隙間からでも入ってきますから)

今までは眼鏡が曇るのが嫌で、鼻の部分をマスクで覆わずに付けるという意味のない行動をしていましたが、こんな簡単な方法で眼鏡が曇らなくなるとは知らなかった。

 

花粉症になったことが無いので、良くわかりませんが眼鏡をかけている花粉症の人にも教えたら感謝されるかもしれません。

 

毎年、冬にマスクを付けると眼鏡のレンズが曇るのでコンタクトレンズにしようか迷うんですが、これからはその必要はありません。

ちょっと冬が楽しみです。

 

あと、テレビカメラとかあるイベントで顔を映されないようにする時にも便利ですね。

お祭りとか。

コミケとか行ったことないですけど、オタクの人にはこの眼鏡のレンズが曇らない方法は便利かもしれません。

コミケで顔を隠したい人にはお勧めできる方法。

コミケでは写真を撮る人が沢山いて、コスプレ写真を見ると後の方に普通に写っている人とかいますから。

オタクを会社とかに隠したい人とか良く居ますよね。

 

ただ、やっぱりこの方法でも眼鏡が曇る、という人もいるらしいので、失敗した人はごめんなさい。

安いマスクで試してみてください。

イベントの前には事前にお試しするのを忘れずに。

 

 

風邪予防のマスク(Amazon)

 

眼鏡をかけてからウン十年。

今年、一番感動した話かも。

 

追記

何回か試しましたが、やっぱり眼鏡のレンズが曇りません。

注意点としていくつか。

まず、マスクは新しい方が良いです。

古いものを使うと、上側に隙間が空いて眼鏡が曇りやすくなります。

なので、マスクは何日も使わず、1日でマスクは使い手捨てにしましょう。

予備のマスクは常に携帯。

 

マスクの位置は結構シビア。

少しずつ位置を変えて試してみましょう。

数ミリずらすだけで、眼鏡が曇る量が全然違います。