チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

シール式のアルミ製のカメラグリップ、Deff アルミニウムカメラグリップをスマートフォンにつけてみた。



広告


 

 Huawei novaを買ってしばらく使っていますが、やはり5インチのスマホとなるとスマホを横にして撮影するとグリップ部分がないのでイマイチ撮影がしにくい。

で、スマホにシール式ののカメラグリップをつけようと思っていたんですが、つい最近、ヨドバシカメラで売っていたアルミ製のシールグリップを見つけました。

ヨドバシカメラだと3000円弱だったので、その日は買わずネット通販で値段を調べてみた所、楽天のマップカメラでDeff アルミニウムカメラグリップが投げ売りしていたので購入してしまいました

ヨドバシカメラで3000円した商品がマップカメラだと1780円。

色はシルバーを選択。

ハクバのシール式のカメラグリップは評判が良いし、値段も安いんですけど色がブラック(昔、デジカメに貼り付けていたことがある。カメラに付けたまま売ってしまったが・・・)。

自分が今使っているHuawei novaの色はシルバー。

スマホカバーもシルバーにしてしまったので、ブラックではちょっとデザイン的におかしくなる。

そこで、色はシルバーを選択(他にブラックと木目があります)

 黒はこんな感じの色。

 

 

届いた「Deff アルミニウムカメラグリップ」

 


カメラグリップに大してパッケージが異様に大きい。

なにか意味があるのか(笑)

 

 

裏側。

 

 

 

パッケージからカメラグリップを外す。

 

 

裏側。

 中をくり抜いているのは軽量化の為か?

くり抜いているせいで両面テープが貼りにくかった(笑)

 

 

 

自分が使っているスマホ、Huawei novaとの大きさ比較。

 

 

 

Deff アルミニウムカメラグリップを早速貼り付ける。

貼り付ける方法は裏のシールを外して、スマホに貼り付けるだけ。

 スマホカバーと同じシルバーと言っても、やはりそれなりに目立つ。

これが黒だったらもっと目立っていたはず。

 

 

で、ここで問題が発生。

Deff アルミニウムカメラグリップがすぐ外れる・・・

しかし、買う前にレビューでDeff アルミニウムカメラグリップの裏面の両面テープはすぐ外れると書いてあったのでダメージは無かったが、さすがにこれだけ固定力が無いのは驚いた。安い商品ではないので裏面の両面テープぐらいケチらず3Mくらい使ってほしかった。

自分が使った両面テープは以前100円ショップで買った両面テープ。

それでDeff アルミニウムカメラグリップを貼り付ける。

 

写真で見るとDeff アルミニウムカメラグリップが少し浮いているのがわかりますが、両面テープのせいです。

 

 

で、Deff アルミニウムカメラグリップを使った見た感想。

 

色はシルバーを選んだので、スマホに付けても黒ほど目立たない。

アルミ製のカメラグリップなので、明らかにハクバのゴム製のカメラグリップと高級感が違う。

グリップ感はかなりいい。付けていない状態と明らかに違う。

Huawei novaには手振れ補正が付いていないので、このグリップ感は凄く大事。

スマホで写真を撮影する人は付けていて損はしないアイテム。

シルバーなので、光の反射とか気になる人はいると思うが、表面に反射防止の処理がしてあるので光で反射する事は無い。

写真を撮影するときだけではなく、ゲーム(Fate/Grand Orderをやっています)をする時のグリップ感も上がり疲れにくくなった。

縦持ちにした時に少しだけ違和感があるが、本当に少しだけ。いずれ慣れると思う。

スマホをポケットやケースから出す時もDeff アルミニウムカメラグリップの出っ張りのおかげで指を引っ掛けやすくなり、出し入れが楽。

100円ショップの両面テープでも全然カメラグリップが外れない。元からついている両面テープの酷さがわかる。

元からついている両面テープは絶対期待しては駄目。

必ず両面テープを用意すること。

両面テープで貼り付ける時は、スマホに直接貼り付けるのではなく、スマホカバーを付けてから貼り付けたほうが良いと思う。

今の両面テープの粘着力はかなり強いし、長期間使っているとカメラグリップを貼り付けた場所だけ色が違くなるからね。

 

Deff アルミニウムカメラグリップ(楽天)