チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

猫を撮る時、シャッター音を消すと猫が逃げにくくなりますね。



広告


当たり前のことですね。

シャッター音を出していると、近づこうとすると猫が逃げますが、シャッター音無しで撮影すると、動かないことが多いんですよ。

猫に逃げられないように近づく方法って有るんです。

それは猫も見ながら近づかない。

有名な話ですね、はい。

 

でもね、Nikon1 V2で撮ってるとメカニカルシャッターの音が気持ちいいんですよ。

だから、ついシャッター音を出しちゃう。

 

自分が使っているNikon1 V2は、サイレント撮影っていう音の出ない電子シャッターモードがあるんですよ。

 

メカニカルシャッターを使った場合は、秒5コマで撮影して、電子シャッターの場合は、秒5コマ、15コマ、30コマ、60コマ。

普通、電子シャッターって画像が歪む事が多んですけど、Nikon1 V2はそんな事は起きません。

 

じゃあ、電子シャッターで良いじゃないか、と言われるんですが、サイレント撮影にすると全く音がしないので、3秒ぐらいシャッターボタンを押していると100枚ぐらいの写真がすぐ撮れてしまって、後で整理するのが大変になるんです。

自分は手ブレ防止の為に、常に連写設定です。

コンデジでもそう。

初めの一枚目は手ブレがあっても、3枚目ぐらいからは手ブレがなくなります。

 

サイレント撮影モードが完全消音になって、普通の撮影モードの時は音が鳴りっぱなし。

中間ってモードが無いんです、Nikon1 V2には。

 

Nikon1 J5はどうだろうか?

買える値段になっていますが、手ぶれ補正が無いので、イマイチ買う気になれない。

J5の画質のほうが、V2よりはるかに良いんですけどね。