チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    Chromeを閉じるとログオフ状態になってしまう時の対策。「Google Chromeを閉じた際にバッググラウンドアプリの処理を続行する」にチェックをしたらログイン状態が保持されるようになった。

     

     

    Chromeを終了するとログイン状態が維持されず、ログオフ状態になり不便で大変でした。

     

    随分長いことGoogleのブラウザ、Chromeを閉じるとログオフ状態になってしまう状態が続いていました。

    なので、仕方がないのでChromeを閉じないようにしていたんですね。

     

    でも、つい最近Chromeをアンイストールした後に再インストールした時にChromeを閉じてもログオフにならずにログイン状態を保ってくれることに気づきました。

    このときは凄い嬉しかったんですが・・・。

     

    ところが、いつの間にかChromeを閉じるとログオフ状態になってしまう。

    いちいちログインをしなくてはいけない状態に戻ってしまいました。

     

    Google

    Gmail

    Amazon

    楽天

    YouTube

    はてなブログ

    Twitter

    Instagram

    Runtastic

    Strava

    Outlook

    Yahooメール

    Yahooオークション

    メルカリ

    その他諸々。

     

    Chromeのバックグランドでの実行を許可しないとログイン状態が保持されないことに気がついた。

     

    で、ふと気がついたんです。

     

    もしかして、パソコン画面右下のGoogleロゴ、左クリックした時に出てくる「Google Chromeのバックグランドでの実行を許可する」のチェックを外したせいではないか?

     

    で、実行してみました。

    結果は大当たりでした。

    Chromeを閉じて、もう一度Chromeを起動してもログイン状態が維持されています。

    ログオフにならずに、いちいちログインする手間がいりません。

     

    Chromeを閉じてもログイン状態が保持されるように設定する方法。

     

    方法。

    1・Google Chromeにログインする。

    2・パソコン画面右上の縦3つの点を左クリックをし、設定を選択。

      

     

    3・そのまま一番下までスクロールし、詳細設定をクリック。

     

     

    4・更に下の方にスクロールし、システムの欄の 「Google Chromeを閉じた際にバッググラウンドアプリの処理を続行する」のチェックをオンにするだけ。

     

     

    5・設定を閉じて、Chromeを終了し、もう一度Chromeを起動しログイン状態が維持されているか確認しましょう。自分の場合、ちゃんと治っていました。

     

    いやーバックグランドでの処理なんて危ないよ、と思ってチェックを外してたんですが、このせいで随分無駄なことになっていました。

    パソコンに少し詳しいのも問題ですね(笑)