チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    ピークデザインのスライドストラップ・・・の偽物を1000円で購入しました。



    広告



     

     

     

    PeakDesignのスライドストラップの偽物を購入。

     

    一眼レフカメラのストラップの取り付け、取り外しを簡単にするPeakDesignの偽物、コピー商品、バッタモンの「Zhuhaitf 取り外し可能な クイックリリース 長いです ネックストラップ ひも ために デジタル SLR/DSLR カメラ」を購入しました。

     

    PeakDesignの偽物を購入した理由は、値段。

    本物の方はメチャクチャ売れているが、ちょっと値段は高め。

    自分は基本、PeakDesignのスライドストラップの機能だけが欲しいので偽物のZhuhaitf製を選びました。

     

    値段はストラップ付きで1000円。

    PeakDesignの本物は5000円くらいします(ストラップの質は全然違います)

     

    届いたZhuhaitfのスライドストラップ。

     

    で、注文して2日で届いたZhuhaitfのスライドストラップ。

    製品自体の箱はなく、このビニール袋に入っているだけ(アマゾンの箱には入っています)。

    まあ、外箱は捨てるだけなので、この梱包で値段を安くしてもらったほうが良いですね。

     


    ビニール袋から出したスライドストラップの偽物。
    ストラップの質は悪くはないかもしれませんが、細くて柔らかいので使うことはありません。

    スライドストラップの取り付け部分で切断し、自分が使っているカメラストラップをつけます。

     

    スライドストラップの金具部分。

    これをスライドすることで、ストラップを簡単に取り付け、取り外しが出来るようになります。

     

     

     取り付け自体は言葉で説明するよりYouTubeの動画を見たほうが理解が早いので、こちらをどうぞ。

     

    このシステムはアンカーリンクスという名前のシステム。

    赤い丸のパーツはアンカー、というそうです。

     

     

    本物と違って、赤い丸(アンカー)の中央部分にロゴが入っていません。

    フラットです。

    微妙に凹凸がありますが、それでも指に引っかかりにくい。

     

     

     

     Zhuhaitfのスライドストラップのストラップを外して、自分のお気に入りのストラップを取り付ける。

     

    スライドストラップの偽物からストラップを切断し、スライドストラップの金具部分だけにします。

     

     

    赤い丸(アンカー)の部分をカメラに取り付けます。

    取り付け自体は普通のスマホストラップなどと一緒で誰でもできます。

     

     

     

     

    次はストラップをスライドストラップの偽物の金具部分に取り付けます。

    こちらの取り付けも普通のカメラストラップと同じように取り付けられます。

    ただ、ストラップを通す隙間はちょっと狭め。

     

     

    で、アンカーとストラップ金具の部分を取り付けて完成。

    だいたい10分くらいで出来ました。

     

     

    実際に使ってみた感想。もう便利で手放せない。

     

    2018年の松島基地航空祭でZhuhaitfのアンカーリンクスを使ってみました。

    撮影した画像はスマホで撮影したものです。

     

    アマゾンのレビュー欄にもあったように取り付け、取り外しはちょっと固め。

    強めに取り付けしないと中に入っていきません。

    ただ、そこまで固いわけではないので普通の人なら簡単に使えます。

     

    このアンカーリンクスというシステムは本当に便利です。

    普通、カメラのストラップの取り付け、取り外しは面倒なのでストラップを取り付けたままにするんですが、このシステムのお陰でカメラバッグにカメラを入れるときや、ドライボックスに入れるときも簡単に、こまめにストラップを取り外しができます。

     

    ドライボックスや防湿庫に入れる前にストラップを外したほうがいい理由。

     

     特にドライボックスに入れる前にストラップを取り外しできるのは超便利です。

    カメラストラップは夏の汗や、雨などの水気などを吸っており、意外に湿気が多い部分。

    それをカメラストラップを付けたままドライボックスに入れると、ドライボックス内の湿度が一気に上がってしまい湿気が危険な状態まで上がってしまいます。

    それを防ぐためにもカメラストラップを外して、ドライボックスにしまいたいんですが、このアンカーリンクスというシステムのお陰で超簡単にできるようになりました。

     

     

     
    Zhuhaitf 取り外し可能な クイックリリース 長いです ネックストラップ ひも ために デジタル SLR/DSLR カメラ

     

    ピークデザインのストラップ