チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    バックパックのショルダーベルト部分にカメラポーチが付けられる便利アイテム、モンベルのバーティカルアタッチャブルベルト。



    広告



     

     

    バックパックのショルダーベルト部分にカメラポーチを付けたい。

    そうすると、カメラを取り出しやすくなる。

    ベルトにカメラポーチを付けたり、バックパックの他にウェストバッグを付ける方法もあるが、イマイチ邪魔。

     

    サイクリング中にカメラを取り出しやすくするためにも、なにか良いものはないだろうか?

     

    で、見つけたのがモンベルのバーティカルアタッチャブルベルト。

    まあ、単にカメラポーチのベルトループの部分に通して、横→縦に付けられるようにするだけなんですけどね。

    ただ、モンベルの製品なので品質は安心。

     

    こういう風に使う。

    説明書。

     


    カメラを入れるポーチやバッグのベルトループの部分に、バーティカルアタッチャブルベルトを通して

     

     

    これをバックパックのショルダーベルト(ショルダーハーネス)の部分に付けるだけ。

    隣は、もともとショルダーハーネス(肩ベルト)に取り付け可能なスマホポーチ。

     

     

    ただ、自転車でバーティカルアタッチャブルベルトを使うときはベルトだけだと不安なのでカラナビで固定する。

    カラナビでカメラポーチの落下防止をしたいので、カメラポーチにはカラナビが取り付け可能なカメラポーチが望ましい。

     

     

    最初から、カラナビで固定すればいいんじゃないの?と言われそうだが、カラナビだけだとぶらぶら揺れて邪魔なので、揺れないように固定するにはバーティカルアタッチャブルベルトがあると楽。

     

    使った感想としては、カメラポーチがでかすぎて自転車を漕ぐのに邪魔だった(笑)

    もっと小さなカメラポーチの方が良かった。

    バーティカルアタッチャブルベルトを付けて100km以上走ったがベルト部分が外れることは無かった。

    ただ、自分はカラナビで固定しているので、そのせいかもしれない。

    ベルトだけだと正直不安で使う気にはなれない(なんの根拠もないんで、気にしないでください)。

     

    さすがに一眼レフカメラとか入るバッグは無理だが、小さなミラーレスカメラにパンケーキレンズとかだったら支えられると思う。

    コンパクトデジタルカメラだったら余裕かな。

    登山やウォーキングだけだったらベルトだけで十分かもしれないが、サイクリングやオートバイでのツーリング、ランニングだとベルトだけだと心配。

    カラナビで保険をかけとくのを推奨します。

     

     

     Amazon。

    mont-bell(モンベル) バーティカルアタッチャブルベルト

     

    楽天。

    mont-bell(モンベル) バーティカルアタッチャブルベルト