チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    Picasaの代わりに Zoner Photo Studio FREE を使っています。



    広告



     

     

    Picasaの代替ソフトを探す。

     

    Picasaってあるんですよね。

    Googleが出していた無料の画像編集したりできるソフト。

    あれが開発中止になって随分経ちます。

    開発中止になっても使えてはいました。

    Googlephotoに名前が変わったのは良いんですが、問題は画像編集機能も変わってしまい使いにくくてたまりません。

    なので、Picasaを使い続けてました。

     

    で、最近、見つけたのがZoner Photo Studio FREE 。

    基本的に自分はJPEG撮って出しで撮影しています。

    RAW画像で撮影すると色々後処理が面倒なので。

    ちなみに自分の持っているカメラを使った場合、PicasaでRAW画像で書き出しすると酷いできになった記憶があります。

    多分、対応していなかったんでしょう。

     

    で、新しい写真現像ソフトに求めるものは、

    Picasaのようにシンプルに扱える。

    PicasaのようにJPEGでもある程度の調整が行える。

    Picasaのように撮影した写真が傾いていても、後から水平にすることができる。

    トリミングができる(Lightroomのトリミングの方法が嫌い)

     

     

    まあ、そんな感じでしばらくZoner Photo Studio FREE を使っていましたが、まあ満足かな(無料ですし)

    上に上げた条件は全て満たしています。

     


    Zoner Photo Studio FREE を使ってみた。

     

    Zoner Photo StudioにはFree版とプロ版があり、当然プロ版の方が機能が多い。

    自分は間違ってFree版をインストール後にプロ版の試用をクリックしてしまい(ワンクリック、確認ウインドウすらでなかった)キャプチャした画像はプロ版になっていますが、ちゃんとFree版を選べば無料で使えます。

     

     

     

    もしプロ版を買おうと思う人は、Amazonのレビュー欄をしっかり読んでください。

    Zoner Photo Studio 18

     

     

    ここからZoner Photo Studioをダウンロード。

    Zoner アカウントの為に、メールアドレスが必要です。

     

    free.zoner.com

     

    Zoner Photo Studio単体で対応しているカメラ。

     

    これだけだとRAW画像が編集できないので、こちらのサイトからAdobe DNG Converterをダウンロード。

    Adobe - Adobe Camera Raw and DNG Converter : For Windows : Adobe DNG Converter 10.0

    AdobeDNGConverterをダウンロードしたら、ダウンロードしたexeファイルをクリックしてインストール。

     

    Zoner Photo Studioを起動し、右上のメールアドレスが書いてある場所で左クリックしユーザー設定を選択。

    この画面の左欄のRAWフォーマットを選択。

    RAWファイル読み込み時にAdobeDNGConverterを試用にチェクを入れる。

    Adobe DNG Converter.exeを指定し、OKをクリック。

    Adobe DNG Converter.exeはいじっていなければ、C:\Program Files (x86)\Adobeフォルダにあるはず。

     

    Zoner Photo Studio、自分の基本的な使い方の流れとしては

     

     

    編集したい画像をプログラムから開き、Zoner Photo Studioを選択。

    ZPSで開くをクリック。

    Zoner Photo Studioが起動するので、現像画面を選択。

    トリミングと画像の水平出し。

    露出などを補正。

    キーボードの十字キー(右左)で他の画像の編集。

    これを繰り返す。

    画像の編集が終わったら、マネージャー画面に移動。

    Ctrl+Aで全ての画像を選択。

    エクスポートで画像の書き出し。

     

     

    自分のエクスポート設定。

    オリジナルと同じフォルダに保存。

    サブフォルダに保存のチェックを外す。

    既存のファイル→置き換える。

    JPEG品質は100。

    サイズ変更は無し。

     

     

     

    マネージャー画面。

    右下の方にExif欄があります。

     

     

    JPEGを編集する時の基本的な画面の現像画面。

     

     

    右の欄の項目は、

     

    エクスポートは編集した画像を書き出します。

    エクスポートの左のアイコンでトリミングしたり、水平を出したり。

    ホワイトバランスはJPEGでも変えられます。

    露出は見たとおり。

    カラーも変えられますが、自分はいまいちよくわかりません。

     

     

    カラーシフト。

    トーンカーブ。こちらはお金を払った人だけ使えるプロ版。

    シャープ。

     

     

    ノイズ軽減。こちらもプロ版。

    効果。こちらもプロ版。

    HDR。こちらもプロ版。

     

     

    レンズ補正。こちらもプロ版。

    ただ、全てのレンズがあるわけではなく、CanonやNikon以外のメーカーは使えないレンズも多いようです。

    上はSTYLUS1で使った時の画面。

     

    こちらはEOS Kiss X7iで使った時の画面。

    少し違います。

    レンズ補正の他にカメラのプロファイルも出てきました。

     

     

    エディター画面。

    現像と違い、こちらは非破壊編集ができるようです。

    その分、現像とは違いレスポンスが落ちますが。

     

    こちらにも現像画面と同じように露出補正をする所がありますが、こちらの方が効果を大きく出来ます(プロ版用ですが)

     

    エディター画面は一気にプロ版用の機能が増えます。

     

     

     

     

    プロ版を試用で使っていますが、露出補正以外は使いこなせない(笑)

    上にも書いていますが、レスポンスがほんの少しだけ悪かったりするので、基本現像だけ使います。

     

    Free版のダウンロード。

    受賞経験を持つフォト エディター:機能満載の Zoner Photo Studio

     

    もしプロ版を買おうと思う人は、Amazonのレビュー欄をしっかり読んでください。

    Zoner Photo Studio 18

     

     

    toriaezu7676.blog.jp