チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    イヤホンコードが邪魔になりにくい0.6mのショートコードイヤホン、ATH-CK330Sを購入しました。



    広告



     

     

     

    自分は今、スマホで音楽を聞く時、ELECOMのBluetoothレシーバーのLBT-PHP150に1.2mのイヤホンを付けて聞いているんですが、やっぱりイヤホンのケーブルが邪魔。

    何時もは、こんな感じでBluetoothレシーバーにぐるぐる巻きにしてポケットに入れています。

     

    音楽を聞く時にぐるぐる巻きをほどくのもイヤホンケーブルが長くて面倒だし、音楽を聞き終えた後にぐるぐる巻きにするのもケーブルが長くて面倒。

     

     

    で、いい加減嫌になったので、ケーブルが短いイヤホンを買うことにしました。

    今はBluetoothイヤホン全盛なので、ケーブルの短いイヤホンって意外に少ないんです。

    いくつかあったショートコードイヤホンの中で選んだのは、オーディオテクニカのATH-CK330S。

     

    他にかなり安いPanasonicのRP-HJS150というショートコードイヤホンがありましたが、こちらはレビューを見ると壊れやすい、音が酷い、などのレビューが目立ったため、少し高めのオーディオテクニカのATH-CK330Sにしました。

     

    こちらは値段が1854円とRP-HJS150の627円(2017年11月27日時点)の3倍近い値段の為、コードも太く音もまとも。

     

    で、イヤホンを買い替えた最大の理由のケーブルの短さ。

    こちらが今まで使っていた1.2mのイヤホン。

    グチャグチャ。

     

    これをLBT-PHP150にぐるぐる巻きにして使っていました。

     

    新しく購入したATH-CK330Sの方は、こんな感じでスッキリ。

     

    LBT-PHP150に巻く回数も、ATH-CK330Sの方がかなり少ないので楽です。

     

    音質に関しては、それ程耳が肥えているわけではないので、正確なことは言えませんが、特に不満が無いレベルで音が出ます。

    前のイヤホンもそれなり良かったんですが、ATH-CK330Sも全然悪くないです。

    少し音が濁っている感じがしますが、不満というレベルでは全然ありません。

    イヤホンコードがちょっと太めなので、LBT-PHP150に少し巻きにくいかな。

    ケーブルが擦れて雑音が入るということは全然ありません。

     

     

    ATH-CK330S

     

    パッケージ。

     

    中身はイヤホン、説明書と保証書、コードクリップ、イヤホンピース。

     

     

     

    まあ、ショートコードのイヤホンでごまかさず、Bluetoothイヤホンを買ったほうが良いんですけどね。

    特にLBT-PHP150で困っていないので、もう少しBluetoothレシーバーで頑張ってみます。

     

     

    Amazonで買えます

      ↓

    ATH-CK330S

    ショートコードイヤホン

    Bluetoothイヤホン