チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    オリンパスのデジカメを使って撮影していると、どこにもピントが合っていない写真が撮れる現象。



    広告




     

     

    自分が使っているオリンパスのデジカメのSTYLUS1。

    これを使っていると、たまにですがピントが合っているはずなのに(AFフレームが緑になる)、画像のどこにもピントが合っていない状態の写真が撮れる事があります。

     

    で、これの原因らしきもの。

    あくまで、自分のSTYLUS1を使ってのことなので、他のオリンパスのデジカメ(E-M1やE-M5,E-M10,PENシリーズなど)に関してはわかりません。

     

    デジカメのAFをC-AF TR(追尾AF)にしているときだけ、どこにもピントが合っていない写真が撮影されることに気づきました。

    これが最初の一枚とか何枚とかならまだ我慢もできるんですが、追尾AFの時にこの現象が起きてしまうと、何十枚もピントが合っていない写真が撮れてしまう。

    解決策として、一度シングルAFにすると、追尾AFの時にどこにもピントが合っていない写真が撮れてしまう現象は治ります。

     

    動体を撮る時は追尾AFにする必要がありますが、それ以外は追尾AFにする必要がないので、シングルAFなどにしておきましょう。

     

    STYLUS1を買った時は不良品かと思いましたが、他のオリンパスのデジカメを使っている人にも起きているようなので、オリンパスのデジカメの持病だと思ったほうが良いですね。

     

    この現象は頻繁にはおきません。

    忘れた頃に発生します。

    なので、まあ、我慢出来るレベル。

    動体を撮影している時より、動かない物や動きが少ないものを撮影している時の方が発生頻度は高い気がする・・・・。