チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    フルサイズミラーレスカメラの時代が来ることを考えて、SONYのFE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240を触ってきたらズームリングが想像を越える重さだった。



    広告




     

     ちょっと小銭が入っているので、フルサイズへステップアップしようかなぁ、と思っています(ロードバイクとどちらを買うか迷っている)

     

    で、フルサイズカメラと言えば、Canon、Nikon、SONYの3メーカー。

    シェア的にはCanonとNikonが強いんですが、レンズマウントの将来的にはSONYが一歩リードしている。

    CanonとNikonは一眼レフカメラ、SONYはミラーレスカメラという違いがある。

    SONYのα9ショックによりミラーレスカメラでもフルサイズ一眼レフカメラと互角以上に戦える事が証明された。

    たしかにα9はプロ用の一眼レフカメラに比べると、まだまだ信頼性が足りないがミラーレスカメラはまだまだ発展の可能性があるのに対し、一眼レフカメラは将来性に関しては微妙。

     

    つまり、今、CanonやNikonのフルサイズ一眼レフカメラを買っても、すぐにフルサイズミラーレスカメラの時代が来る事が予想される。

    あぶく銭でCanonのフルサイズ用レンズを買い足す事も考えたが、α9ショックから後は、一眼レフカメラ用レンズに投資するのは躊躇するようになった。

    だって、CanonやNikonだってフルサイズミラーレスカメラを出す事は、ほぼ確定した未来なんだから。

    たしかに一眼レフカメラ用のレンズでもマウントアダプターをかませば、フルサイズミラーレスカメラでも使えるのは確実だが、やっぱりミラーレスカメラ専用のレンズに比べれば、どうしも性能は落ちる(画質よりAF性能ね)

    お金がある人はフルサイズミラーレスカメラが出たら、レンズごと売り払って一眼レフカメラから乗り換えればいいが、自分は貧乏なのでそうもいかない。

     

    現在フルサイズミラーレスカメラをだしているメーカーはSONYだけ。

    ということは、フルサイズに乗り換えるとすればSONY一択という状態になってしまっている。

    自分がSONYのデジカメを使ったのは初代RX100だけ。

    なので、SONYに対しては悪い感情はない(エントリーコンデジを使っていたら、多分違う感情を抱いていたと思う)

     

    で、SONYのフルサイズミラーレスカメラのα7だけど結構安い。

    初代なら中古で7万から8万、α7Ⅱでも中古で10万円ぐらいで買えてしまう。

    流石にα7Rシリーズやα7Sシリーズ、α9は手は出せない。

     

    SONYのα7シリーズのEマウントの弱点として安い望遠レンズが全くない、という事がある。

    CanonのEFマウントやNikonのFマウントなら5万円以下で新品の望遠レンズが買えるが、SONYのEマウントはSEL70300Gが10万円以上する。

    流石にちょっと高すぎる・・(画質はかなり良いらしい)

     

    で、次善の策としてSONYのEマウント用便利ズーム、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240を購入することを考えた。

    レビューを見ると便利ズームとしては画質はそれなり。

    流石に普通のズームレンズより画質は落ちる。

    とのレビューがほとんど。

    そのなかでよく見たのが、ズームリングが重いというレビュー。

    ズームリングの重さは、当然実際にさわらないとわからないので、ヨドバシカメラに行って触ってみることにした。

     

    SEL24240を実際に見た感想は、長さはそれ程長くないし、重さもそれ程重くもない。

    フルサイズ用の便利ズームレンズなんで、そこは妥協してもいい。

    で、問題のSEL24240のズームリングを触ってみる・・・・。

     

    重い・・・重すぎるぞ(笑)

    冗談抜きで重い。

     

    重いというより固いというレベル。

    α7にSEL24240を付けたズームリングをいつもの調子で指2本で回そうとしたら、回らなかった。

    指四本で回すとなんとか回った。

    ズームリングを回すのに、かなり力がいる。

    感覚としては、交換レンズを交換するとき以上に力を入れないと回らない感じ。

    ズームリングを回すとカメラが揺れる。

    それぐらい力がいる。

    SEL24240を付けたα7がガタついてた(笑)

     

     

    ヨドバシカメラの他の場所にあったSEL24240をさわってみたが、やはりそちらも重いというより固いというレベル。

    SEL24240にはレンズをロックするボタンは無い。

    しかも、ヨドバシカメラの交換レンズの展示品と言えば、客に何百回も回されたはず。

    それでも、あれほどの固さ。

     

    昔、マイクロフォーサーズのPanasonicの初代便利ズームレンズ、ルミックス G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH/MEGA O.I.S. H-VS01414を使ったことがある。

    こちらもズームリングが重い事で有名で、自分も実際に使って重いなぁと思ったが、SEL24240はそれよりかなり重く感じた。

    確かにSEL24240にはロックボタンが無いので、勝手に伸びるのを防止するためと思えばズームリングを重くするのはわかるが、それでも限界はあるだろう。

    あの重さは、ちょっと驚いた。

    みなさんもFE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240をカメラ屋で見たら、ズームリングを回してみてください。

    かなり重いです。

     

     

    うーん、SONYのフルサイズミラーレスカメラへの引越しをちょっと躊躇しはじめた。

    あと、SONYのαシリーズのレンズを交換する時のボタンの位置がおかしくね?

    グリップとレンズの間にロックボタンがあるので、ちょっと押しにくい。

    まあ、それは慣れるはずだけど。

     

    α7シリーズの値段をチェック

    SEL70300Gの値段をチェック

    SEL24240の値段をチェック

    フルサイズカメラをAmazonでチェック