チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    iosの人気サイクルアプリ「Cyclemeter」がAndroidにも登場したので試してみた。



    広告




     

     Cyclemeterといえば、iPhoneのOS、iosの人気アプリ。

    自転車やランニングの走行ログを記録するアプリだ。

    随分前から存在は知っていたが、iPhoneを使ったことが無いのでCyclemeterを使ったことが無い。

    だが、ついにAndroidにもCyclemeterが登場した。

    無料版なら無料で使えるので(当たり前だが)、ウォーキングがてら試してみることにした。

    自分が今まで使っているのはRuntastic。

    どちらも有料版のRuntasticロード版とRuntasticのランニング版を使い分けている。

    以前、ロード版とランニング版を安売りしていた時に購入した。

    一つのRuntasticでサイクリングとウォーキングをイチイチ使い分けするのも面倒なので、2つをスマホにインストールしサイクリングの時はRuntasticロード版、ウォーキングの時はRuntasticランニング版を使っている。

     

    使用しているスマホはHuawei nova。

    格安MVNOのIIJのsimを使用しているシムフリーのスマホ。

    GPSの起動はかなり早い。

    3秒か5秒で捕まえてくれる。

    建物の中でも10秒くらい。

    これはおそらくGoogleのA-GPSを使っているからでしょうね。

    以前使っていたdocomoのXperiaZ3 Compactは、シムフリースマホではないので、docomoのA-GPSもGoogleのA-GPSも使えないのか、単に捕まえるのが遅いのか、とにかくGPSを捕まえるまで、遅い時は3分ぐらいかかっていた。

    捕まえられない時は、本当にGPSが起動しない。

    XperiaZ3 Compactの性能自体にはそれ程不満は無かったが、Huawei novaのシムフリーゆえのGPSを捕まえる速度に関しては比較にすらならない。

    格安SIMを使うならシムフリーのスマホがおすすめだ。

    自転車に比べると安いシムフリースマホがあるので、サイクルメーター代わりに一つ買っておくと便利かもしれない。

    中古のdocomo、au、SoftBankのスマホを買うなら、キャリアと契約したほうがGPSを捕まえる際のストレスはグーンと少なくなる。

     

     

     

     

    で、Cyclemeter。

    まずGooglePLAYに移動し、インストールし、起動。

    起動する時に広告が出る。

    起動はRuntasticに比べるとかなり遅い(無料版の話です)

    ちなみに買い切りではなく、年間で1200円ぐらいかかる。

     

    これは簡単にできた。

     



    次に体重と体重の単位、距離の単位を入力する。

    デフォルトでは体重はポンド、距離はマイルになっているので、それぞれkgとkmに変更する。

     

     

     

    一応、RuntasticとCyclemeterを同時起動し記録してみた。

     

    Cyclemeterの画面はこんな感じです。

     

    スタートボタンをタップすると記録開始。

     

     

     

    記録中の画面。

    無料版なので、当然下の方に広告がでる。

    広告消したいなら金を払え、ってことで。

    当たり前ですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    無料版でも結構細かいデーターを出してくれます。

    Runtasticより細かいかも。

    ただ、無料版は停止中は記録を止めてくれず、ずっと記録している。

     

    ただ、気になる点が。

    まずCyclemeterをバックグラウンドで起動して、他のアプリを使っていると、こういう警告画面が出る。

    一応、記録はしているようだが、心臓に悪い。

     

     

    無料版で当然だが、こういう購入を催促する画面が頻繁に出る。

     

     

    一回払えばずっと使い続けれるなら1120円も払っても良いかもしれないが、毎年払うとなるとちょっといらないかなぁ。

    特に自分はRuntasticの有料版で困っていないし、Runtasticを買った時も250円とかだったし・・・。

     

    もう一つ気になる点。

    Cyclemeterの消費電力がかなり少ない。

    Runtasticと比べると一目瞭然。

    これはCyclemeterが途中で止まっていたせいか、それともCyclemeterのアプリ自体が消費電力が少ないかは不明。

    RuntasticProが消費電力の15.98%を消費しているのに対して、Cyclemeterはわずか1.94%。

    サイクリングの時にサイクルメーター代わりにスマホを使う人には、これは嬉しいはずだ。

    画面を消した状態なので、実際にスマホの画面を表示しながらだと、当然もっと消費電力は上がる。

    まあ、自分はRuntasticの有料版を使っているので、別にCyclemeterを使う必要もなかなぁって言うのが結論でした。

    元々Runtastic自体に不満も無いしね。

    play.google.com

     

    Runtasticは通常の価格でもかなり安いので、思い切って有料版を買ったほうが賢い、と思いますよ。

    セールだともっと安くなりますが、せいぜい500円ぐらいなので。

    play.google.com

     

    play.google.com

     

    シムフリーのスマホの価格を調べる(Amazon)