チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ。

解決済み。CanonのEOS Kiss X7iで連射可能枚数が9枚から3枚に減ってしまった。



広告



今日ひさしぶりにCanon一眼レフカメラのEOS Kiss X7iを持ち出して撮影していた所、すぐに連写が詰まるようになった。

おかしいな?と思いながらファインダーの右下を見てみると・・・なんといつもはJPGで9枚まで連写できるはずなのに、3枚までしかできなくなっている。

久しぶりに一眼レフを持ち出したから故障したのか?

それともSDカードが原因か?

 

 

そういえば、レンズ光学補正の歪曲収差補正と色収差補正をONにすると連射可能枚数が減る、って見た記憶がある・・・。

で、両方OFFにするも、ファインダーに映る連写枚数は3枚。

3枚撮るとすぐにbusyと表示され、連写が遅くなる。

うーん、と考えはしたが、撮影自体は連写が必要な撮影ではないので、家に帰ってから調べることにする(スマホで調べるのって、画面が小さいから嫌いなんですよね)

 

で、調べてみたら原因がわかった。

設定のレンズ光学補正の色収差補正をオン

高感度撮影時のノイズ低減を強めにしていると連射可能枚数が3枚まで減ることがわかった(普通、弱めにしておけば連射可能枚数が減らない)

 

さっそくカメラの色収差補正をオフ、高感度撮影時のノイズ低減を弱めにするとファインダーに映る連射可能枚数が9枚になってる。

いやぁ良かった、良かった。

 

 

 

 Canonの一眼レフカメラの値段(Amazon)