読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリオでカメオ。

自転車、カメラ、ゲーム、パソコンが好きな人のブログ



    パソコンのKP41病には、電源コンセントを抜いて1時間程ほっておくと落ちにくくなる。

    IT 自作パソコン 日記


    このサイトはAmazonや楽天の広告を貼っています

    広告




    最近の自作パソコンには少ないかもしれませんが、少し前の自作パソコン界隈で有名な病気でした。

    KP41病とは、パソコンが突然シャットダウンする病気です。

    KP41病とはいっても、別に原因がKP41というわけではありません。

    たんに、システムエラーのエラー名がKP41というだけです。

     

    原因には、電源だとかメモリーだとか、本当に色々あります。

    ありすぎて特定できないほどです。

     

    で、自分の自作パソコンにも、少し前までKP41病が多発していました。

    メインパソコンなら、普段使っているので気づくし、対処もすぐにできるんですが、KP41病が多発するのはPT3を付けているサブパソコン。

     

    これは困ります。

    録画サーバーなので、就寝中にKP41病がおきて再起動に失敗した場合、予約録画は必ず失敗します。

    最近は、まあ、しょうがない、と諦め気味だったんですが、タイトルにある通り、サブパソコンの電源コンセントを抜いて、30分から1時間ほどコンセントを抜いたままパソコンをほっておいて、それからパソコンを起動するとKP41病が殆ど起きなくなりました。

    2週間に1回ほどは、突然シャットダウンする事はありますが、それぐらいなら全然だいじょうぶです。

     

    サブパソコンはAMDAthlon×4 620(メモリーはDDR2世代)という古い時代のパソコンです。

    新しく組まなきゃとは思っているんですが、お金とやる気の問題で組めていません。

    PT3を使った録画サーバーとしてなら、今の状態でも十分なんです。

    新しい世代のスカイレイクのCeleronとかの方が、性能が良くて省エネなんですけどね。

    広告を非表示にする